<   2009年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

さらばスペイン、さらばヨーロッパ

c0179759_414436.jpg

マドリッド郊外のトレドという世界遺産の街へ行ったところ、
自転車レースをやっていました。街も素敵だったけれど、初めて見る自転車レースの方が
見ててたのしかったな・・。


c0179759_432096.jpgc0179759_434074.jpg

左・応援するときは看板をバンバン叩いて声を掛けるらしいです。
右・贔屓のチームなのか、選手なのかを応援する。


c0179759_45237.jpgポルトガルのリスボンからスペインの
マドリッドに戻って数日、のんびり過ごそうと思って
いたのですが、先日熱を出したときに手や足に出来た
発疹が再発。。
今度は首やら腕が腫れまくり、痒くて痒くてどうしようも
なくなってしまいました。
保険会社に連絡をして病院を紹介してもらおうとしたら、
保険会社が契約している先生は今週中は休みとのこと。
しょうがないので、救急外来のある病院を訪ねることに
しました。


行った病院はルーベル国際病院という、マドリッドでも有名な病院。
宿のおじちゃん情報によると、芸能人とか、王室の人が入院したりしてよくTVで見るとのこと。

マドリッドの郊外にあるルーベル国際病院はすごく綺麗でそんなに混んでもおらず、
救急外来にかかりたいと言うと、400ユーロのデポジットさえ払えば(高!!)よいとのこと。

待ち時間もなく、すんなり診てもらえました。スペイン語と英語ごっちゃで何言ってるのか、
全然分からなかったけれど、いきなり尻に注射を打つことになって焦ったけど・・・良い先生で
私達が旅行中ということも分かってくれたようで、スペインの薬局でどこでも買える薬を教えてくれて
それでおしまい。薬は何やらアレルギーを抑える薬のようでしたが、注射のおかげもあって
痒みもすっかり収まり、一件落着となりました。

宿のおばちゃんに脂っこい食事ばかりで肝臓が弱っているのではないかと。
もっとフルーツとか野菜を積極的に取りなさいね、と言われました。確かに・・・。
ヨーロッパの食事、というか外食は脂っぽいものばかりを続けて食べていたのかなぁと。
もう若くないので、食事には気をつけなければいけませんね・・・。


c0179759_42146.jpgc0179759_4212484.jpg

散歩したマドリッド市内の公園(名前忘れた)。足首が見えてるぷーさんと、疲れすぎのミッキー。人前でおもむろに頭を取ったり、平気でそのまま子供の前で風船をあげたりしているので、これが見つかったらディズニーに怒られるだろうと。。

c0179759_4233346.jpgc0179759_4235319.jpg

公園では人形劇もやっていました。言葉が分からなくても結構
面白く見れました。子供達は夢中です。


c0179759_425462.jpg

マドリッドでお世話になった日本人のご夫婦が経営している宿。アルボル・デル・ハポン。
結局、計8日間も滞在させていただきました。病院とか薬とか色々と相談にのっていただいて
本当に助かりました。またモロッコから帰ったらお世話になる予定。

長かったヨーロッパもここでお別れです。
やー、ヨーロッパはやっぱり旅しやすいですね。物価高いけど。。
スペイン・ポルトガルはのんびりしていて、ご飯も美味しくて、人も暖かいので
とてものんびり楽しめました。やっぱりあったかい国はいいですね~。

次はエジプトに続いてのアフリカ大陸、モロッコ!
エジプトに続いての「世界3大ウザイ人種」のモロッコ!
どれほどウザイのか・・・・。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-19 23:00 | スペイン

発見のモニュメントとポルトガルのサッカー

c0179759_492674.jpg

↑こちらは発見のモニュメント。エンリケ航海王子の500回忌を記念して造られたものだとか。

c0179759_4112957.jpgc0179759_4115426.jpg

c0179759_4121627.jpgc0179759_4123240.jpg

モニュメントの上から4月25日橋とリスボンの対岸。
モニュメントの広場には世界地図がありました。そこには大航海にて色々な国を発見した年号が
書かれています。日本は1541年。ポルトガル船が豊後国に漂着した年だそうです。


c0179759_4173697.jpgc0179759_418735.jpg

エンリケ航海王子の偉業とヴァスコ・ダ・ガマのインド航路開拓を
記念して建てられたジェロニモス修道院。この日は日曜の14時までが無料。ありがたや。
中庭を囲む回廊が素晴らしいです。装飾がちょっと変わった形のものが多いのですが、
海洋をモチーフにしたものだそうです。


c0179759_42327.jpg


ポルトガルのリーグ・スーペルリーガを観戦しました。
どうやら、ポルトガルは2009年W杯出場も厳しいとニュースで見ましたが・・・。
今回はリスボンのスポルティングというチームの試合です。


c0179759_4263994.jpgc0179759_4265662.jpg

c0179759_4273121.jpgスペインのレアル・マドリッドは地元ファンも
居たのですが、開幕戦ということもあり観光客も多かったの
ですが、今回は本当に地元のスポルティングファンのみ。
現在チームは6位(確か)ということもあり、地元ファンの
熱の入った応援やらヤジやらがスタジアムに響きます。
結局1-0で勝ったのですが試合内容に納得している
人はあんまりいなかったような・・・。
それにしてもスペインもポルトガルもみんなサッカーが
大好きなんですね~。肌で実感しました。
学生の頃見たJリーグとは違うなあと。



ポルトガルはここでおしまいです。9月15日の夜行列車で
マドリッドへ再びもどり、マドリッドに数日滞在したあといよいよモロッコへ!!!
サハラ砂漠を見に行ってきます~!

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-13 23:08 | ポルトガル

リスボンの市内観光

c0179759_3315733.jpg

リスボンで有名な市電に乗ってみました。新型の車両も走っていますが、
やっぱりレトロな市電の方が絵になります。

c0179759_338952.jpgリスボンのアルファマ地区は道が狭いので、
市電が走ると歩道もぎりぎりです。


c0179759_350722.jpgc0179759_3502512.jpg

リスボンの蚤の市、泥棒市に行って来ました。
新品からガラクタまで色々なものが売っていました~。


c0179759_3532333.jpg


c0179759_35349100.jpgc0179759_3541433.jpg

写真上はカテドラル。写真下はサン・ロケ教会。
日本の天正遣欧少年使節団が滞在したところだそうです。伊東マンショとかですね。


c0179759_432074.jpgc0179759_434046.jpg

c0179759_44839.jpg


リスボンで食べたご飯。リスボンの宿はホステルにキッチンがあるので、
自炊がほとんどでした。写真左上・前菜、席に着くとオリーブ・パンやこのようなコロッケなどの前菜が
出てきます(有料)。写真右上・野菜のスープ。写真下・カレイ。骨は多かったけど美味しかったです。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-12 22:30 | ポルトガル

ユーラシア大陸最西端!ロカ岬へついに到着~。

c0179759_4541272.jpg

沢木耕太郎の深夜特急を読んだときから、ロカ岬は絶対に行かなければと
思っていました。ついにユーラシア大陸最西端へ到着しました!


c0179759_455536.jpgc0179759_4561334.jpg

ロカ岬へは、リスボンのロシオ駅から電車で約40分のシントラというところへまず行きます。写真左・駅のタイルが素敵なシントラ駅。(ポルトガルはどこの駅もタイルが素敵)そこから路線バスで40分。ロカ岬に到着です。

c0179759_502258.jpgc0179759_504019.jpg

岬には石碑があります。波はありませんでしたが、風がとても強くて、
とても寒かったです。


c0179759_531572.jpg次の目的地(モロッコの次だけど)はこの
大西洋の先にあるんだな~と感慨深いものがあります。

約4ヶ月前に中国は北京から始まった旅も、
このユーラシア大陸最西端で一区切りです。
日本は島国なので、今まで大陸を意識したことは
あまりありませんでしたが、今回のこの旅で色々と
国が違ってもやはり続いているものなんだ・・と思うことが
色々ありました。
それを実感するのはやっぱりバスや電車で少しずつ
移動しているときでしたが。
今思えば、ロシア~イギリスに飛んでしまたのも、
もっと時間があればロシアから陸路で移動すれば
もっと感じられたかも・・と思います。


c0179759_5104838.jpgc0179759_5122921.jpg

帰りはまたバスで20分ほど、今度はカスカイスという街へ。
リゾート地なのか、奥の漁村の手前の遊泳禁止地域で「まだ夏は終わっていない!」とばかりに
泳ぐ人々・・・・。右は、おそらく老舗のアイス屋さん。高いけど混んでいてすごく美味しかった!


c0179759_5143888.jpgc0179759_5145955.jpg

地獄の口という洞窟へ行ってみました。その側で釣りをする人多数。

ポルト~カステロ・ブランコ、モンサント~リスボンまでを更新しましたので、
こちらからもご覧くださいませ。
9月7日 ポルトの市内観光
9月8日 カステロ・ブランコという街
9月9日 もっともポルトガルらしい村、モンサント
9月10日 首都、リスボンへやってきました

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-11 23:52 | ポルトガル

首都、リスボンへやってきました

c0179759_4401294.jpg

カステロ・ブランコから電車で約3時間、ポルトガルの首都リスボンへ到着♪
南下したので暑いのかな?と思っていたら意外にも寒い・・・。


c0179759_4414559.jpgc0179759_442717.jpg

カステロ・ブランコの駅。小さくて可愛い駅でした。

c0179759_4431961.jpgリスボンのサンタ・アポローニア駅に到着。
首都だから相当大きな駅だろうと思っていましたが、
ここも6つほどしかホームのない駅でした。


c0179759_4452014.jpgc0179759_4455290.jpg

宿に荷物を置いて、近くのカフェで一息。。
コーヒー好きの我々にはありがたいカフェ。地元の人だらけのカフェは入るのに
少し勇気がいりますが、ポルトガルはどの街でも気さくに入れる雰囲気があって、
お世話になっています。ちなみに普通のカフェと頼むとエスプレッソが出てきてしまうので、
われらはアバタナード(アメリカンコーヒー)ある?と聞いています。
メニューになくても適当に濃くないコーヒーを作ってくれます。優しい。

ポルトガルは魚だけでなくご飯も美味しいし、どの街もゆったりとした空気が流れています。
とても居心地がよいです。
日本のリタイアした方がポルトガルに住むという話を聞いた事がありますが、魚も豊富に食べれて
こののんびりとした雰囲気は移り住むのも納得です。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-10 23:38 | ポルトガル

もっともポルトガルらしい村、モンサント

c0179759_4231146.jpg

ポルトガルでもっともポルトガルらしい村・・・私の中でのポルトガルのイメージは
海辺の街・・・だったのですが、ポルトガル国内ではそうではないようです。。
このモンサントという村はカステロ・ブランコから48キロ、更にスペインとの国境近くにある村です。
岩山の頂上に城跡があり、その中腹に村があります。
赤い屋根が可愛らしい、こじんまりした村でした。


c0179759_4281218.jpgc0179759_4284088.jpg

左・頂上付近にある岩。こんな岩が村にも頂上にもゴロゴロしています。
右・山の中腹にある村。村は基本的に坂。しかも、岩をうまく利用して建てられた家ばかりです。


c0179759_432555.jpgc0179759_4322217.jpg

岩を利用して?建てられた家たち。なんでこんな岩のところに家を建てたのか・・なぞ。

c0179759_434063.jpg塔の上の風見鶏が見えるでしょうか??
1938年に「ポルトガルでもっともポルトガルらしい村」に
選ばれたときに贈られた、銀の雄鶏だそうです。
今は塔の上から村を見守っています。

この村は本当に小さい村ですが、観光客も
たくさん訪れているようです。
村の人々は慣れっこのようで、村を歩きながら
写真を撮る我々にも気さくに接してくれました。
のんびりした穏やかな村でした。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-09 23:20 | ポルトガル

カステロ・ブランコという街

c0179759_4111491.jpg

ポルトからバスで約4時間、ポルトガル中部にあるベイラ・バイシャ地方の首都、
カステロ・ブランコという街へやってきました!この街はスペインとの国境も20キロほどのところにあります。
街は首都なので小さくはないですが、どことなく閑散・・とした雰囲気が漂っています。
スーパーには懐かしのピカチュウが置かれておりました。誰も乗っていませんでしたが・・・。


c0179759_4151540.jpgc0179759_4153519.jpg

左・カステロ・ブランコの街並み。右・キティちゃんショップ。スペイン・ポルトガルでは、キティちゃんが結構人気があるようで、色々な街でキティちゃんショップを見かけました。

c0179759_4171769.jpgレストランで飲んだ、クレム・デ・マリシュコという
魚介のスープ。濃厚で美味しい・・・。
カステロ・ブランコは海に面している街ではないので
それほど魚介はないだろうと思っていたのですが、
どのレストランでも魚介メニューは豊富でした。
ポルトガルの人は日本と同じでお魚が好きなんですね。
スペインに続いて、気軽に魚を食べられる環境にあるので
大満足です♪

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-08 23:10 | ポルトガル

ポルトの市内観光

c0179759_3394958.jpg

ポルトはポルトガル第二の都市。歩いてみると起伏が激しい・・・。
坂が多くて足が疲れる・・・。そしてスペイン北部から下ってきたせいなのか?暑い!


c0179759_3421788.jpgc0179759_3433439.jpg

ドウロ川と歴史地区。建物は古いけれど、とても可愛らしい
です。


c0179759_34646.jpgメトロは新しいですが、市内を観光するには歩いても
平気なほど小さいです。
メトロ自体は郊外に住む
市民用のようです。


c0179759_3501811.jpgサン・フランシスコ教会というところへ
行って来ました。中は撮影不可でした。
この教会、外観はこんなですが、
中が驚くほど豪華です。
金泥細工という装飾で、金ピカ!!
ポルトガルの教会はこれまた予想できない
くらいすごい派手です。

ポルトは暑いので、風邪にもいいかなーと
思って張り切って観光していたのですが、
この急な気温変化にやはり病み上がりの
体が付いていかず、早々に引き上げました。
なので、ガッツリとポルトを見れなくて残念。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-07 23:37 | ポルトガル

18ヶ国目、ポルトガルはポルトに到着!

c0179759_723152.jpg

ポルトガルのポルトへ到着しました~!
宿の前の(おそらく)教会の壁がいきなりこんな素敵なタイルで興奮しております!
バスの中から見た感じでは、ポルトは意外とこじんまりしていて可愛らしい町。
もっと大都市を想像していたのですが・・。散策するには楽しそうです。


c0179759_7254849.jpgc0179759_726627.jpg

サンティアゴ・デ・コンポステーラから電車で1時間ちょっとのビーゴという町へやってきました。そこからバスでポルトまで3時間弱。

バスの乗り継ぎまで時間があったので、ビーゴを散策してまいりました。
日曜なので町のお店はいっっっさい開いていませんでした。マックとバーガーキングはやってたけど。

写真左・ビーゴの港の風景。我が地元と似ている・・とつぶやいたら、こんなに大きくないでしょと言われた。
写真右・イルカに乗った少年ってのは知ってるけど、タコにのったおじさんてのは初めて。



先日から一気に更新しておりますので、よかったらこちらからも
ご覧下さい。ああ、ギリシャとイタリアの分がまだ更新できていない・・・。
8月24日 サン・ジュセップ市場と夜のサグラダ・ファミリア
8月26日 トマティーナで戦ってきました
8月27日 マドリッドは乾燥していました
8月29日 ゲルニカとレアル・マドリッド
9月1日 ブルゴスにて療養中
9月4日 全く観光しなかったレオンからサンティアゴ・デ・コンポステーラへ
9月5日 聖ヤコブの眠るカテドラルへ。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-06 22:20 | ポルトガル

聖ヤコブの眠るカテドラルへ。

c0179759_6502048.jpg

サンティアゴ・デ・コンポステーラの旧市街の中に聖ヤコブの眠るカテドラルが
あります。旧市街には車は入れないので、狭い道を歩いていると突如現れたカテドラル。
おおっ!デカイ!カテドラルの前の広場には、たくさんの巡礼者たち巡礼最後の地であるここで
佇みカテドラルを眺めたり、仲間と旅のねぎらいをしたり、若者は輪になって歌って踊ったり(何故?)
していました。
それにしても圧巻。さすがは聖地だなあ。


c0179759_6552578.jpgc0179759_6562340.jpg

左・広場で輪になって歌い踊る若者たち。右・巡礼ケーキ?

c0179759_6573182.jpgc0179759_6575421.jpg

左・黄金の中央祭壇。これを見た瞬間、仏教のお寺の総本山のようだ・・・と思ってしまいました。宗教はちがっても通じるものがあるのでしょうか。この祭壇は、中央の聖ヤコブ像の後ろまで回って触ることができ、この地下には聖ヤコブの遺骸にお参りすることもできました。
右・超でっかいパイプオルガン。左右にふたつ。


c0179759_704412.jpgキンターナ広場から眺めるカテドラル。
旧市街の街並みは本当に素敵でした。

ひとまず、ここでスペインともお別れ。
次はポルトガルです。
ポルトガルといえば、ガマ!!ヴァスコ・ダ・ガマ!!

[PR]
by saoao22sekai | 2009-09-05 23:48 | スペイン