<   2009年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

物価は高いが美味しいものは食べたい。

c0179759_3335196.jpg

↑宿のネコ。イスタンブールは犬・ネコ天国。どこまでが野良でどこまでが飼われてい
いるのかが不明・・・。


c0179759_3391422.jpg 宿の近くに老舗のキョフテ屋があったので行ってみました。
ガイドブックにも載っていて、1920年からのお店だそうです。
店内も観光客というよりは、現地の人で混みあっています。
ちなみにキョフテとは挽肉をつかったハンバーグのような
食べ物です。


c0179759_3435778.jpgc0179759_3442746.jpg

左がキョフテ。老舗だけあって本当に美味しい!右は羊。
あまりに美味しくて2日通いました。ちなみにメインのメニューはこの2品のみ。後はサラダ2種とご飯と飲み物くらいしかありません。


c0179759_344535.jpgc0179759_3452793.jpg

サラダと関係のないお店でのんだトマトのスープ、ドマテス・チョルパス。
[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-20 23:32 | トルコ

イスタンブール観光

c0179759_15492696.jpg

イスタンブールといえば、ブルー・モスク。正式名称は忘れましたが・・。
何しろ大きい。でも反対側を向くとまた大きなアヤ・ソフィア博物館。こちらも大きい。


c0179759_15505369.jpgc0179759_15511279.jpg

ブルー・モスクの中です。女性は中に入るためには半袖や足を出した格好がNGなので入り口でマントをかけてもらって入場します。これが暑い。。。
ここは外国人観光客だけではなく、トルコ人の観光客もたくさんいました。


c0179759_15533153.jpg
こちらはアヤ・ソフィア博物館。
元はキリスト教会だったり、その後モスクになったりと
歴史の中で色々な役目を果たして来た場所のようです。


c0179759_1555781.jpg


c0179759_15552988.jpg


船に乗ってボスポラス海峡を渡ってみました。上の写真がアジア側。
下の写真がヨーロッパ側。アヤ・ソフィアが船から見えました。


c0179759_155921100.jpgc0179759_15594237.jpg

名物のサバサンド。塩が効いていてとっても美味しかったです。
右はケバブ。毎日食べているような気がします・・・。


c0179759_1615115.jpg
c0179759_1621815.jpg

生絞りジュース。オレンジを5~6個も半分に切って絞り機で
絞っていきます。コレがとっても美味しい♪♪♪


c0179759_1641010.jpg
イスタンブールは、というかトルコは物価が安いのでは・・
と期待してやってきたのですが、意外と安くない・・・。
宿は安いのですが、その周辺のレストランは明らかに
観光客値段というかんじです。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-19 23:48 | トルコ

13カ国目、トルコに到着!

c0179759_15442890.jpg

例によって朝の5時にイスタンブールに到着しました。
イスタンブールのオトガル(トルコでバスターミナルの意味)は大きい!
さすがはバス大国だ~!!

地下鉄も動いていないので、オトガルで早速チャイを飲むことにしました。
美味しい・・・・・・・・・・。

そしてオトガルの店のいろんな人に声をかけられる。。
おはようとか、コレを食べていけとか、何か買えみたいなことを日本語や英語や
トルコ語でバンバン声をかけてきます。。
ああ、これがトルコ・・・。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-18 23:43 | トルコ

琴欧洲の現地での知名度

c0179759_1528597.jpg

ブルガリアといえば、ヨーグルトのほかに大関・琴欧洲ですが、現地での知名度は
あまり高くはないようです。私の確認によれば4人中2人くらいしか分かっていないようでした。
※言葉が通じていない可能性アリ。
琴欧洲の四股名は欧州レスリングチャンピオンだからなのかもしれませんが、ブルガリアという国から
付けるのであれば琴東欧とかがよかったのかな・・・。これからもっと欧州出身の力士も誕生するかも
しれないし・・・。

ブルガリアの首都がソフィアというところだというのも今回初めて知ったのですが、
その首都自体はそんなに大きい町ではありません。建物も大きくないし、道路も広くありません。
少し車で走るとすぐに緑が豊かな田舎になります。市内の観光も見所はたくさんはありませんでした。


c0179759_15332236.jpgc0179759_15351019.jpg

c0179759_15353985.jpg町には色々な宗教の建物があり、シナゴーグ・モスク・
ブルガリア正教教会・ロシア正教教会と見ただけでも4つ。
大きくない町にたくさんの宗教建築があることに歴史を感じました。


c0179759_15403285.jpg
この日の夜20時発のイスタンブール行きの
夜行バスに乗りました。
METRO社というバス会社で、トルコの会社です。
トルコはバス大国なのでとってもサービスが良いとの評判。
そして評判通り、乗車するとおしぼり・お菓子・
飲み物(チャイかコーヒー)を入れてくれます。
すばらしいサービス。西欧の会社(特にフランス)も見習って欲しい。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-17 23:28 | ブルガリア

ブルガリアの世界遺産・リラの僧院

c0179759_335118.jpg

ブルガリア2日目は世界遺産のリラの僧院へ行ってきました。
自力でも行けましたが、宿のツアーが楽そうだったのでそちらで。ツアーといっても
大型バスでいくのかしら?と思いきや、自家用車数台に15人くらいがバラけて乗っていくツアーです。
リラの僧院は首都ソフィアから車で2時間ほどの山奥にあるブルガリア正教の僧院です。


c0179759_338345.jpgc0179759_3383378.jpg


この僧院はブルガリアがオスマン帝国に支配されていた時代、ブルガリア正教が弾圧を受けていた時代でも唯一認められていたブルガリア正教の総本山で、一時は300人以上の僧たちがここで修行をしていたとか。いまでは旅行客が泊まれる施設になっているようでした。
教会のフレスコ画もロシア正教のようにびっちりと埋め尽くされています。


c0179759_3421635.jpgc0179759_3423448.jpg

僧院の裏で売っていたヨーグルト(でかい)と揚げたパンのようなもの。
ヨーグルトはすっぱくて、砂糖をかけないと食べれない。揚げパンは中国の油条を思い出しました。


c0179759_346569.jpgc0179759_3473431.jpg

c0179759_3475653.jpgc0179759_3481930.jpg

僧院の下には川が流れています。僧院見学が終わって帰るのかと
思いきや、車は山の麓に停車。どうやら山を登るらしいのです。
スイス人カップルの彼女が「山登りなんて聞いてないわよ~」と愚痴っていました。山に囲まれて育っても
山登りが好きという訳ではなさそうです。上っていくと、巨大な岩が登場。岩の中へ進みます。


c0179759_483519.jpgc0179759_49093.jpg

岩の中はお祈りをするところのようでした。しかし暗い。そして出口はもっと狭い。

c0179759_4131266.jpgc0179759_4134058.jpg

岩を抜けて、また更に登ります。頂上までは行きませんが、標高1400メートルくらいあるそうです。ブルガリアは結構高い山がたくさんあるんですね。

c0179759_416947.jpg山登りもして帰りはぐっすり・・・したいとこですが、
運転手のおっさんの運転が荒くて荒くて(といっても地元では
普通なのかもしれませんが)、寝るどころではありませんでした。
山道でも80キロくらい平気でだしていました・・・。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-16 23:34 | ブルガリア

ブルガリアの首都ソフィアへ

c0179759_326102.jpg

ハンガリーのブダペストからセルビア経由でバスで約12時間、
ブルガリアのソフィアへやってきました。
もともとブルガリアは訪れる予定はなかったのですが、運良くガイドブックをいただいたので
3日ほど滞在することにしました。


c0179759_329686.jpg町の雰囲気が、なんともロシアっぽくて
懐かしく感じました。
言葉もロシア語と似ているし、こんにちは~程度なら
ロシア語でも通じました。
朝5時くらいにソフィアに到着したので、
観光をする気力もなく公園のカフェで
ボケーっと過ごしていました。
夜行バスのいいところは、宿泊代が浮くところ
ですが、悪いところはこんなに早い時間に着いても
宿も部屋に入れてくれないのでそこが悩みどころです。
時間かかってもいいから9時くらいまでバスで寝かして欲しい。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-15 22:24 | ブルガリア

温泉と鉄道

c0179759_22541377.jpg

ハンガリーで一番楽しみにしていた温泉に行ってきました。セーチェニ温泉。
温泉というよりはプールという感じです。水着着用で男女混浴。お湯の温度は最高で38度。
もっと暑い温泉は現在工事中とのことで、残念。。

水着を着ているのでお風呂に使っているという感じではありませんでしたが、のんびりーと
3時間くらい浸かってしまいました。。極楽極楽。


c0179759_22582782.jpg
午後はセーチェニ山へハイキングに行ってきました。
たしか標高580mくらいしかないようです。ブダペストで一番大きい山とのこと。
登山鉄道と子供鉄道を乗り継いでセーチェニ山へ行きました。
←は登山鉄道。2両編成で住宅街の山を登っていきます。


c0179759_2335569.jpgc0179759_2343914.jpg

c0179759_2351368.jpg


子供鉄道。10~14歳くらいの子供たちが、運転以外の業務を
やっています。切符を売ったり、検札したり、車内販売も。堂々と働いておりました。


c0179759_2373297.jpgc0179759_2382729.jpg

子供鉄道を降りて登山道を登ります。30分くらい歩きます。
体力がなくてへとへと。。頂上には塔がたっておりました。


c0179759_23101831.jpg


塔の頂上からの眺め、最高でした!!
ブダペストの町がちいさーーくみえます。爽快です♪

ちょっと宿が残念なところだったので、ブダペスト自体もうーんて感じだったのですが、
街の人は親切だし、道に迷っても色々教えてくれる方が多くて本当に助かりました。
いい国だな、ハンガリー♪


c0179759_231377.jpg
グヤーシュというハンガリーの料理。
煮込んだ野菜や肉のスープ。美味しい♪

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-13 23:33 | ハンガリー

世界一美しいマクドナルド

c0179759_21383288.jpg

ハンガリーはブダペストに到着しました。11カ国目です。
まず着いて向かった場所。マクドナルド!・・・食べたかったわけではありません。
ここブダペストには世界一美しいマックがあるらしい、という情報をガイドブックで見て、
マック調査隊としては是非みておかねば・・と思い行ってみました。

場所はブダペストの西駅に隣接されています。↑内装。豪華。宮殿みたい。
とてもマックとは思えぬ内装です。


c0179759_21421458.jpgc0179759_21425160.jpg

c0179759_21433378.jpg


店内には静かな時間が流れています。特に値段も高いというわけでもなく、普通のマックです。味も普通。何時間でも寛げるとてもよい場所でした。ネットもし放題♪

c0179759_21452412.jpg


王宮から見たブダペストの街並み。ドナウ川が静かに流れています。

c0179759_21531180.jpg
聖イシュトヴァーン大聖堂へ行ってみると、
民族舞踊のイベントがやっていました。
ハンガリーの民族舞踊の衣装は柄がどれも可愛い♪


c0179759_2156499.jpg
この教会はハンガリー王国の初代国王のイシュトバーン王の右手のミイラが
保管されていました。小さかった・・・・。
ハンガリーにキリスト教を取り入れた王様らしいです。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-12 21:32 | ハンガリー

本当は鹿おどしだって。

c0179759_4433834.jpg

ハプスブルク家の宮殿、シェーンブルン宮殿へ行ってきました。残念ながらやや曇り。
と言っても、宮殿内部は高いのでパス。マリー・アントワネットが幼少過ごした部屋や、
6歳のモーツアルトが初めて御前演奏をした広間などがあるらしいのですが、想像で我慢。
今回は、ヴェルサイユ宮殿では見ることができなかった庭園を見ることにしました。庭園は一応入場無料。


c0179759_4474398.jpgこちらは庭園の中にある、迷路庭園(有料)。
みんな必死にゴールを探してさまよいました。
このほかいろんな遊具が置いてある遊び場もあり、
なかなか楽しめました。
やっぱりオーストリア人はこういう遊び心があるのかも。


c0179759_4502530.jpg


宮殿の庭園には日本庭園というものがあり、興味をそそられ行ってみました。

c0179759_452911.jpg
日本庭園ぽいといえば、ぽい・・・そもそも日本庭園を
あまりよく分かっていない・・・というのもありますが、
ちょっと違うんじゃない?など偉そうなことを言いながら鑑賞。


c0179759_4534846.jpg
おお、これは日本庭園にはなくてはならない・・・と
思ってみていると、、


c0179759_4545365.jpg
ザバーー!!!ってそのまま砂利に水を落としているだけ?!!

c0179759_458099.jpg説明を見ると「鹿おどし」と。これって確か「ししおどし」では
ないだろうか?間違えているのだろうか?と思い、ウィキペディアで調べて
みると、本来は「鹿威し」が正解。
うーん、ウィーンで日本のことを勉強してしまった。


c0179759_501594.jpg


この日はホテル・ザッハーのカフェにて念願のザッハートルテを食べました♪外側のチョコ部分がなんとも言えず美味しい。久々にアイス意外のスウィーツを食べて感動。
ちなみにウィーンのアイスは1.6ユーロくらいとベルリン・プラハよりもお高めでした。

明日は三都物語の最後、ハンガリーのブダペストへ移動します。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-10 22:35 | オーストリア

10カ国目、オーストリアに到着!

c0179759_462055.jpg

プラハからバスで約4時間半、オーストリアはウィーンにやってきました!
祝・10カ国目です☆☆プラハの可愛らしい街並みから一転、意外と都会なウィーン。
そして、またユーロ圏に戻って若干物価が高いウィーン(涙))。
さっそくシュテファン寺院へ行ってみました。


c0179759_4121083.jpgc0179759_4131134.jpg

ここは、モーツァルトの結婚式とお葬式が行われた場所でもあるそうです。音楽の街らしく、国立オペラ座やそのほか色々な宮殿でコンサートが行われているようでした。
安かったら聴いてみたいなぁと思いましたが、立ち見でも22ユーロ!!立ち見で!!・・諦めました。


c0179759_420377.jpgc0179759_421118.jpg

夕方、入場料は無料のプラーター遊園地に行ってみました。
ここは、ウィーン市内からドナウ運河を渡ったところにある、元は貴族の狩猟場だったところだそうです。
金曜日の夕方なので、ウィーン市民の人でにぎわっておりました。


c0179759_4243058.jpgc0179759_4245272.jpg

実物版、メリーゴーランドにびっくり・・・。アトラクションは日本でいう、
後楽園遊園地くらいのものが、たくさんありました。しかも、同じようなアトラクションが2つ3つあって、お客さんは並ばなくても乗れるからいいけれど、採算とれてるのかしら・・・?と心配になります。


c0179759_4283741.jpgc0179759_430995.jpg

c0179759_428261.jpg

日本で遊園地というと、子供から高校生くらいまでが楽しむ場所というイメージでしたが、ここは入場も無料で、園内にレストランやビアガーデンのようなものがたくさんあるので、
幅い広い年齢層の方々がいました。そしてみんなアトラクションにも挑戦していました。
ウィーンはちょっと気取ったイメージがありましたが、オーストリア人は結構楽しいこと好きなのかも。。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-09 22:04 | オーストリア