<   2009年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

セトル・カーライル鉄道とバスでヨークへ

c0179759_21335112.jpg

鉄道は運賃が高いイギリスですが、1度は乗っておきたいのもあり、1人23ポンドで
カーライル~リーズ間のセトル・カーライル鉄道に乗ってみました。いわゆる地方交通線ですね。


c0179759_2136221.jpgc0179759_2136256.jpg

かわいい3両の列車。列車は約2時間半かけてカーライル~リーズ間をはしります。
その大半がヨークシャー・テイルズ国立公園を走るので、絶景を見ながらの移動というわけです。
しかーし、コロコロ変わってその大半がどんより曇り空のイギリス。
天気が良くなくて、素敵な景色も半減でした。
犬もゲージに入れず、そのまま乗車。日本では考えられないですね~。
日本の愛犬家たちもきっと羨ましいことと思います。


c0179759_21384715.jpg


リーズという駅からバスに乗って約1時間、古都ヨークに到着。
ここはなかなかの観光地のようです。
城壁の内側に歴史的な建物や教会があります。中国の西安のようですね。


c0179759_21403042.jpg

結構歩いたところにある、今回の宿。窓から教会も見えて素敵だったけど、雨漏りがした…。
[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-20 22:32 | イギリス

路線バスでエディンバラからカーライルへ

c0179759_2361620.jpg

エディンバラで2泊し、カーライルという街へ路線バスで向かいました。
路線バスといっても、乗車時間約3時間半…料金は1人6ポンド。

路線バスなのでのんびりな移動を期待していたのですが、このバスがもんのすごく飛ばす!
中国にも負けないくらい、細い田舎道をビュンビュンと飛ばすのです・・・。


c0179759_2374078.jpg
風景は素敵だけど、恐怖に負けたのと、
速すぎてうまく撮れない。しかも、運転手さんは女性。
イギリスのバスはおそらく長い路線になると
途中で運転手を交代しなければならないようですね。
2時間以上の移動では必ず途中の大きめのバス停で
運転手さんが交代していました。


c0179759_2412969.jpg
飛ばすにもかかわらず、乗客の年齢層は高め。
みんな何とも思っていない様子。


c0179759_244899.jpg

カーライルは観光としての見所は少ないですが、スコットランドとの国境の街でもあり、
湖水地方やヨークシャー・テイルズ国立公園などへ行く旅人たちが降り立つ街でもあるようです。


c0179759_2453059.jpg

カーライル大聖堂の中。ステンドグラスが素敵だった。
[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-19 22:32 | イギリス

街が世界遺産!エディンバラ

c0179759_5255319.jpg

エディンバラは街が世界遺産だそうです。それも納得できるほど街並みが綺麗です。
まるで違う時代に来てしまったような感覚。こちらは旧市街。エディンバラ城などあります。


c0179759_5305829.jpg
←こちらは新市街。こちらも世界遺産。
8月にフェスティバルがあるのでその準備などのせいか
工事中のところもあって残念。
でもとても観光客でにぎわっております。
海の向こう側には、ゴルフで有名なセント・アンドリュースもあります。
あんなところでゴルフしたらビビッてしまいそうです。


c0179759_5412355.jpgc0179759_542102.jpg

エディンバラ城へ行ってきました。もともと岩山の要塞に城を作ったそうです。
高いところにあるのでかなりの強風が吹き荒れています。係りのおっさん(スコットランド伝統のキルトを着用)も
スカートを抑えます。おっさんがスカート抑えるって・・・。


c0179759_532085.jpgc0179759_5324563.jpg
こんなものを食べています。
riceという字を目にすると、パサパサだろうが何だろうが、
食べるのが日本人の心意気だと思っています。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-18 23:23 | イギリス

Coachでスコットランドはエディンバラへ

c0179759_6392422.jpg

ロンドンを朝9時に出発して18時過ぎにスコットランドの首都エディンバラへ
到着。9時間くらいの移動では物足りなくなってきました。なんせ5日間鉄道の移動で鍛えたので!

しかし、長距離バスはお安いです。ロンドン~エディンバラ間が一人16£!(約2500円)。
ありがたや~ありがたや~。と思いつつ、バスに乗り込み車窓の風景を楽しみました。


c0179759_6432325.jpg

出発から5時間、北海(North Sea)が見えてきました。久々に見る海だなあ。

ところで、国事情に詳しくないのですが、スコットランドって国なのでしょうか?イギリスの一部?
5カ国目になるのか・・・?

エディンバラに到着は18時過ぎ、まだまだ外は明るいので助かります。町並みがとっても素敵です!
明日写真をたくさん撮ろうと思います♪


c0179759_647111.jpgc0179759_6473936.jpg

フィッシュ&チップス、何のフィッシュなのか・・・?エディンバラは観光客もやっぱり多くて日本の方もたくさん見かけました。
物価の高さに負けて、イギリスではドミ生活に突入しました。今日は4人部屋mixです。
ロンドンでは男女別6人部屋だったので、いろんな国の方に囲まれました。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-17 23:37 | イギリス

人が多いぞ、ロンドン!

c0179759_625535.jpg

イギリスは10年ぶりなのですが、太古の昔で覚えておりません。
食事が美味しくなくて、あんまり良い印象はなかったのですが。

とりあえずバッキンガム宮殿へ行ってみたら衛兵交代にでくわしてラッキー♪
ウェストミンスター寺院、ビックベン・テムズ川あたりを歩いて、
ロンドン塔・タワーブリッジを見ているとこれまた跳ね橋が上がってラッキー♪
大英博物館をチラッと観てみました。

どこへいっても観光客がたくさんいます。
サンクト・ペテルブルクも観光客が多いな~と思っていましたが、それ以上。
いろんな国から、たくさんの人がやってくるイギリスはロンドン。
物価も高くて当然なのでしょうか。


c0179759_6303651.jpg

タクシーが可愛らしい。10年前はそんなことすら気づかなかった・・・。

c0179759_6314399.jpgキングス・クロス駅。ハリー・ポッターの
モデルにもなったとか。
ここは10年前も素敵だと思った。
駅のたたずまいが素敵ですね。

しかしイギリスは物価が高いので鉄道に乗ることが
できません(涙)


[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-16 22:23 | イギリス

4カ国目、イギリスに入国!

c0179759_17153731.jpg

ロシアのサンクト・ペテルブルクから飛行機で約4時間、イギリスはロンドンへ入国いたしました!!

西安~北京以来の飛行機、今回はブリティッシュ・エアウェイズだったのですが、
離陸して、食事をして数時間、快適な空の旅~♪と思っていたら一転、ものすごい揺れ・・・。
乱気流??と思っても空は快晴。

なんだかとてつもなく恐怖を味わいました。
乗っている間、世界一周航空券をとってしまった自分を恨みながら、
あと13回は飛行機に乗らなければならないのかと思うと、嫌になりました。。

あー電車かバスで移動したい。地に足をつけたい・・・。
世界一周航空券以外でも格安航空券で飛ぶことも計画していましたが、
今回のこの揺れで、当分飛行機はやめようと意見一致。。
とりあえずバスなどを駆使して移動したいと思います。

今はロンドンのセント・パンクラス駅の近くのYHAに泊まっております。
結構綺麗で、カフェもあっておしゃれだけど、やっぱり物価が高い・・・(涙)


c0179759_17165946.jpg

怖くなる前にガッツリ食べた機内食。
[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-15 22:17 | イギリス

サーカスに行ってきました

c0179759_5483364.jpg

ロシアに行ったら演劇とかオペラとかバレエとかを観たら良いのかな~と思っていましたが、
値段も高そうだし、時間も長そうなので、何かいいものはないかな~と探していたら、サーカス!

サーカスというものを、私もダンナくんも今まで観たことがなかったので、
安かったら観てみようとチケットを購入に行きました。
席によって値段の差はありますが、一番高くて1000ルーブル(約3000円)、安くて300ルーブル(約900円)。
もちろん、一番安い300ルーブルです。
会場もそんなに大きくないので、ちゃんと観ることができました。


c0179759_5491454.jpgc0179759_550578.jpg

演目は色々ありましたが、まず団長とピエロが出てきて前フリをし、その後動物や劇団員が出てきて
色々なショーをみせるというものでした。
どれもこれも面白くて、かなり興奮してしまいました。
子供だけでなく、大人でも面白い!と思う内容になっていて、大満足でした。


c0179759_5505274.jpgc0179759_5515134.jpg
猫の登場。果敢に棒を渡るだけでなく、火まで回しちゃいます!

c0179759_5523748.jpgc0179759_5531364.jpg
馬も登場。生バンドが演奏して盛り上げます。

c0179759_5535442.jpgc0179759_5551589.jpgc0179759_5564775.jpg終わった後はワンちゃんと記念撮影。おとなしい。

c0179759_556649.jpg
最後はアザラシたちが頑張っていました。

c0179759_557263.jpg

建物の外観。サーカス場ぽくないですね。
[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-13 23:46 | ロシア

エカテリーナ宮殿へ

c0179759_5331148.jpg

サンクト・ペテルブルクについてからのお天気は、朝晴れていたかと思ったら突然雷雨。
曇っていたと思ったら突然晴天。そんな気まぐれなお天気の毎日です。
晴れていると日差しがかなりキツクて暑い・・・。曇りだとものすごく寒い・・。
しかし、みんなアイスが大好きで曇っていて寒いのにアイスを食べています。

そんな雲間の中、エカテリーナ宮殿へいってきました。
エカテリーナ宮殿はサンクト・ペテルブルク市内からメトロとバスを乗り継いで
約1時間ほどのところにあります。

見学は団体客と個人客と時間が分かれていて、これまた切符を買うのに延々と並ばなければなりません。
エルミタージュほどではなく、1時間半ほどで入場することができました。

入場すると、個人で好きなように見学はできず30人くらいのグループにまとめられて
案内係がついて回ります。宮殿内は混雑していました。


c0179759_534365.jpg


c0179759_5345128.jpg


c0179759_5354463.jpg


c0179759_5362767.jpg

宮殿内部はとーーっても豪華でした。
色々な間があり、その部屋1つ1つが豪華。

琥珀の間というのが有名ですが、そこは写真はNG。
しかし、琥珀の色さえ知らない私たちの感想は、「琥珀ってこんな色なんだね~綺麗だね~」程度・・。

最後にエカテリーナ宮殿の昔の写真パネル展示がありました。
そこには戦争で崩壊したエカテリーナ宮殿と、その修復作業の様子を見ることができました。
ロシア人、意外と細かいのかも。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-12 22:31 | ロシア

見所いっぱいサンクト・ペテルブルク

c0179759_1363268.jpg

サンクト・ペテルブルクはモスクワよりも観光客がたくさんいます。
今は白夜のシーズンで夜まで明るいので観光のシーズンでもあるのでしょうが、
建築物や教会、宮殿、要塞、劇場など、とにかく見るところがたくさんあって何日でも観光できそうです。
しかし、入場料がかなり高いので調子に乗って回りすぎると大変なことに。

今日はハルカメさんもオススメの血の上の救世主教会へ行ってきました。
いかにもロシア正教風なその外観も素敵なのですが・・・。


c0179759_1375572.jpg

内部はもっと素敵です。あいかわらず埋め尽くされています。
その絵がモザイク画なのにビックリします。ものすごく細かいのです。
当時の有名な画家たちがこぞって着手したそうなのですが、近年まで教会自体倉庫にされていたとか。

c0179759_1392395.jpg

見事に修復されていますが、修復した人たちも素晴らしいな~と思いました。

そのあと、ロシア民族博物館へ行きました。
かなり熱心に見ていたダンナくんが詳しく語ってくれると思いますのでお任せします。


c0179759_1394946.jpg

夕方、ピョートル大帝が建てたペトロパヴロフスク要塞へ。
しかし、白夜だというのに、18時で要塞内の教会やら、博物館が閉まっていて
外観からしか見ることができませんでした。

でも要塞が川を渡ったところにあるので、対岸からエルミタージュ美術館を見ることができました。
あと、その川(あんまりキレイじゃない)で泳いだりしてる人たちもいました。
短い夏を楽しんでいるのでしょうか。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-11 22:05 | ロシア

さっそくエルミタージュ美術館へ

c0179759_12262665.jpg

サンクト・ペテルブルクに早朝着いて、ホテルに朝から押しかけてチェックイン、仮眠をとった挙句寝坊。
お昼過ぎにメトロに乗ってエルミタージュ美術館へ行ってきました。

パリのルーブル美術館2回訪れた経験の私は大きな美術館の心得はあります。
しかし、ロシアはとにかく並ぶ。
チケット売り場までものすごい行列。美術館ではよく館内を混ませないために入場制限していることが
よくあるのでそのためかな~?なんて思っていましたが、違う・・・。
単に館内にある切符売り場の行列がずらーーっと外まで並ぶので係りが途中で区切って
入場制限しているだけ。
結局ここで2時間くらい並びました。すでに足が痛い。


c0179759_12272282.jpg

やっと入場して地図を見ながら、部屋番号を見ながらウロウロ。
凄い。ルーブルもいつも凄い!と思うけれど、エルミタージュも相当凄い。
とにかく内装が凄い。豪華!!絵画よりも内装ばかりに気を取られてしまいます。

もともとエルミタージュの意味が隠れ家らしいのですが(全然隠れてないというツッコミは皆すると思う)、
美術品を収集していたら飾るところなくなっちゃたから、家造らなきゃ~て感じの
超セレブ的考えから建てられたそうな。


c0179759_12332752.jpg


c0179759_12335947.jpg

ここにはエカテリーナ2世の愛人の部屋があり、その愛人ポチョムキンが贈った孔雀の時計があったり、
外国からの大使との謁見の部屋があったり、どこもかしこも豪華なのです。


c0179759_123434100.jpgc0179759_12431440.jpg
もちろん、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画や(想像よりも小さかった)ゴーギャン、
モネ、ゴッホなどの絵画もあります。


c0179759_12443668.jpg

広いけれど、ルーブル美術館より迷うことなく見ることができました。
でも足は棒になります・・・。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-06-10 23:23 | ロシア