2009年 07月 24日 ( 1 )

現地の生活を垣間見てみる

c0179759_5275997.jpg

カッパドキア最終日、夜20時にパムッカレという世界遺産の町へ移動するまで
時間がありました。宿もチェックアウトして時間はあるけど天気があまり良くないので景色を見るのもなーと
思い、バスで20分くらいの町アヴァノスという町へ行ってみました。
写真はその町のバザールで売られていたひよこたち。着色されててビックリ!!!衝撃。/font>

c0179759_5305251.jpgc0179759_5311687.jpg

c0179759_532239.jpgc0179759_5322797.jpg

町のバザールの様子。午後だったので一部閑散としていましたが、
野菜や日用品などありとあらゆるものが売られていました。野菜は目立つのが葉っぱや茄子・トマト。
トルコでは野菜は新鮮で安く買えるそうです。どこの店でも生野菜が出てくるのでうれしい。


c0179759_5345196.jpgバザールの側の建物に「ジャポン バザール」の
看板が・・・気になって入ってみました。
一体何が日本なのでしょう?
店内は100均のような雰囲気です。
でも値段は均一ではないみたい。
確かにバザールの商品よりも
こまごまとした商品が多いように
感じました。


c0179759_537385.jpgc0179759_538718.jpg

c0179759_5394417.jpgc0179759_540824.jpg

町にはクズル川が流れ、つり橋があります。このつり橋がボロくて?揺れるので怖い。

c0179759_5413380.jpg橋を渡っているとアンカラのジャーナリストだと
いうおじさん〔写真左)に声をかけられました。
そしておもむろにカメラを向けられ、
「トルキッシュ※△◇×、ジャポン※△◇×、
カッパドキア※△◇×」と言えと。
おじさんと三人でこの↑を
言いながら撮影。
トルコ放送で流れるのか?


c0179759_5445122.jpgc0179759_5453076.jpg

お昼ごはんを食べてチャイを飲み、陶器の町ということで
工房をのぞいたりしてふらふらしていると、床屋さんがありました。通りかかると、おっさんがチャイでも
飲んでけというので、中に入って写真を撮らせてもらったりしながら現地のカットを見ておりました。
髭そる床屋のおじさん。こちらの人は髭たくわえ率が高いですね。

ダンナくんの髪の毛は出発以降伸びに伸び、一度ウィーンで私が適当に切ってはみたものの
あまり上手ではないのでおかっぱみたいな状態になっていたのですが、この床屋のおじさんの仕事の
細かさを見て、ちょっと切ってもらってもいいかも・・・という気になったダンナくん。海外初散髪です。


c0179759_550295.jpgc0179759_5502728.jpg

左・イメージを伝えてみる(たぶん伝わっていない)。
右・ちょっと緊張してみる。


c0179759_552246.jpgc0179759_5514067.jpg

左・髪の毛が耳に入らないよう綿を入れる。
右・おじさん、真剣にカット中。


c0179759_5535424.jpgc0179759_5542110.jpg

左・襟足をカット中。右・ものすごく揃えられる。

c0179759_5552937.jpgc0179759_5555889.jpg

左・けっこうたくさん切られた。右・シャンプー中。

おじさん曰く、髪の毛の量が多くて大変だったとのこと。感じ的には出発前の髪型風になっているので
なかなかだと思いますが、伸びていた髪の毛部分(顔とか首とか)が日焼けしていなくて、早急に
顔と首を焼かなければという結論になりました。

アヴァノスはそこそこ大きな町ですが、観光地ではないので生活を少し見ることができて
楽しい一日でした。


~たくさん更新しましたので以下からもご覧くださいませ~
7月15日 ブルガリアの首都ソフィアへ
7月16日 ブルガリアの世界遺産・リラの僧院へ
7月17日 琴欧洲の現地での知名度
7月18日 13カ国目、トルコに到着!
7月19日 イスタンブール観光
7月20日 物価は高いが美味しいものは食べたい。
7月21日 グランドバザール行ったけど暑くて朦朧
7月22日 今まで見たことのない景色、カッパドキア
7月23日 岩の窓から見た景色
[PR]
by saoao22sekai | 2009-07-24 23:25 | トルコ