やっとこさモアイ観光へ。

c0179759_1011388.jpg

イースター島滞在3日目。雨は小雨、または気持ちの持ちようによっては止んでいなくもない。
もう、モアイを見にいくしかない、と、レンタカーを借りにいきました。
本当は保険がちゃんとしていないので、レンタカーはできれば借りたくないねえなどと話していたのですが、
もうこうなったら何がなんでもモアイ観光じゃ!と迷わず借り、地図を見ながらモアイへ向かいました。
しかし、イースター島の道路、なかなか陥没が激しいのと舗装されていないところは連日の雨のせいか
ぬかるみが凄くて、色々と大変でした。
でも、フランス人観光客(ネイチャー系)に助けられて、何とかモアイ観光を無事済ませました。
写真は思いっきり曇りのモアイとイースター島のため、ご勘弁を。


c0179759_1053356.jpgc0179759_1054772.jpg

c0179759_1061565.jpgc0179759_1063254.jpg

こちらは「ラノ・ララク」。モアイを切り出していた山でございます。
ここの山からモアイを作って運んでいたらしいです。右下のように、削って運びだす直前のものや、
立っているものは運ぶ途中だったんでしょうか・・?そのまま放置されたモアイ像がななんと確認されて
いるだけで397体もあるそうです。
島中モアイにするつもりだったんでしょうか??


c0179759_10102786.jpg


c0179759_1011821.jpg
こちらは「アフ・トンがリキ」。
島最大で15体のモアイ像がずらっと並んでおります。
さすがに15体ならぶと圧巻!すばらしい!
このモアイ、日本のタダノというクレーン会社の協力で
再建されたのです。つまり、再建前は倒されていた
15体のモアイ。その後1960年のチリ地震の津波で
破壊されてしまったそうなのですが、タダノはクレーンの
提供と1億円もの資金援助によって再建されたとか。
今ではこのイースター島の顔ともなっている15体のモアイ。
さすがタダノ!!タダノといったらラフテレーンクレーンですよねっ。


c0179759_10293162.jpgc0179759_1032286.jpg

こちらはアナケナビーチにあるプカオ(帽子)を被ったモアイと、
「アフ・アキビ」海を見て立つモアイです。モアイ像はほとんど海を背にして立っているのですが、
このモアイたちは海を見つめています。
それにしても、天気が悪い・・・・。


c0179759_1035399.jpgほとんどのモアイはこのように
うつ伏せに倒されています。
その昔、部族間での戦争などで
倒されたものらしいのですが、
モアイの眼には不思議な力が
宿っていると信じられていたため、
モアイ像はうつ伏せに倒されたそうです。


天気が悪いながらも何とかモアイ観光いたしました。。
[PR]
by saoao22sekai | 2009-11-17 23:58 | チリ
<< 24ヶ国目、メキシコに到着! やまない雨。 >>