ウユニ→ビジャソン→ラ・キアカ アルゼンチン入国

c0179759_1120185.jpg

ウユニを前日夜22時発、ビジャソンというボリビア側の国境の町へ翌7時着。
車中で一泊しました。salonは砂埃地獄だったので一等の席を取ってみたらなかなか快適。


c0179759_11254574.jpg列車から降りて国境を徒歩で目指します。
駅を出たはいいが、どっちに行くのかよくわからず、
ツアーメイトのホアンとカリナに連れてってもらいました。
ザックを背負って20分弱歩きました。疲れた~。


c0179759_11281371.jpgc0179759_11283629.jpg

左・ボリビアの出入国管理所。あっさり出国。右・国境。ボリビア側より。
橋を渡ってアルゼンチン側へ。アルゼンチンへの入国は結構厳しかったです。
ザックも開けられて簡単な荷物検査。ペルー・ボリビアで栽培されているコカの葉の持込はアルゼンチンでは
禁止されているのだそうです。

ちなみにコカの葉ですが、ツアーメイトのペテロが持っていたものをすこしもらって試してみました。
ボリビア人であるリディアに食べ方?を教わり、葉っぱをかなり大量に口の中にいれくちゃくちゃと噛む。
飲んじゃだめ、コカのエキスを吸うのよ!といわれたにも関わらず、ダンナくん間違えて飲む。
害はないようですが・・・・。
コカのエキスを吸ったあとやはり覚醒作用というのでしょうか、頭がすっきりする!しかし、利尿作用で
トイレにすぐ行きたくなる!高山で暮らす人々にコカが欠かせないのは高山病予防のためとのこと
です。高山病予防には水分をたくさん飲んで尿をたくさん出すのが大事ですからね。


c0179759_11375437.jpgアルゼンチン側の国境の町はラ・キアカといいます。ボリビアの方から線路が延びていました。
まあ、昔は走っていたのかな??南米はほとんど鉄道が廃れていて、寂しい限りです。
鉄道で旅できたら素敵な景色がたくさんあるだろうになあ。

ラ・キアカの町から私達はサルタというアルゼンチン北部の町へ8時間かけてバス移動しました。
移動移動の1日となりました。

[PR]
by saoao22sekai | 2009-10-28 23:18 | アルゼンチン
<< サルタで洗濯。 ウユニツアーその3 >>